野鳥お勉強会 開催のお知らせ

第297回 3月17日(土)18:00~
「日本野鳥の会の誕生 -中西悟堂とその時代-」 松山 潤 氏(日本野鳥の会江別支部)
昭和9年に創設された日本野鳥の会。78年経った今、その時代に立ち返り、「誰が、どんな思いで、どんな願いを込めて創ったのか」、「どんな人たちが参加していたのか」、「その時、時代と鳥の関係はどうだったのか」、「日本初の探鳥会の実態とは!?」など。当時の資料により忠実に再現することによって驚きの事実が明らかになります。

 

第298回 4月21日(土)18:00~
「オオタカにストレスを与えない調査方法を考える ~オオタカの鳴き声と繁殖確認への応用~」 松岡 和樹 氏 (北海道ぶり縄研究会・北海道野生動物研究グループ)
「オオタカにストレスを与えず、且つオオタカの繁殖段階がわかってしまうような調査方法ってないものだろうか?」営巣中のオオタカは非常に神経質になっているので、人間の“見る”という行為は、オオタカにとって大きなストレスになります。オオタカの“鳴き声”に着目してこの疑問の答えを探しています。ここではまだ途中ですが、現段階まででわかったことや体験したことを紹介します。

ページの先頭に戻る