鳥の話はいかがですか?

「野鳥お勉強会」では、毎月1回、野鳥や自然に詳しい方を講師としてお招きし、居酒屋「鳥次郎」にて、少人数(10〜20人ていど)で会食しながらの勉強会を催しています。参加は自由ですので、どなたでもお気軽にお越しください。参加費は飲食代のみの3,500円となります。なお、お店の都合により予約制としていますので、参加ご希望の方は当日の2日前までに富川(代表)までご連絡下さい。

野鳥お勉強会

野鳥お勉強会 開催のお知らせ

第367回 1月20日(土)18:00~  
「アライグマによる生態系への影響の一考察 -‘沈黙の春’にしないために知って欲しいこと-」
幌村 幸司 氏(北海道後志総合振興局保健環境部)

アライグマは他の鳥獣よりも環境適応能力が優れ、繁殖力も強いため、短期間に生息域を拡張し、農作物被害などが多く発生させてきました。近年では人間の生活圏にも侵入し、人間生活や寺社仏閣などの被害も顕在化していますが、把握できている被害は人間に関連したもののみで、生態系への影響は、調査手法がなく把握困難といえます。アライグマと餌資源が競合する種への圧迫のみならず、水生昆虫や小鳥獣類等には深刻な影響が懸念される事態と推測されます。

第368回 2月17日(土)18:00~  
「人の生活と鳥の生活のかかわり」
中田 達哉 氏(北海道野鳥愛護会)

私たち人が生活していく中で、自然環境に与える影響はおそらく消えることはありません。 人が作り出した環境で生活する生き物は割りと多く、鳥の中にも人が作った環境で生活している種類もしくは個体がいます。今回は私のフィールド近辺で見られる鳥と人の生活のかかわりを少し紹介したいと思います。

ページの先頭に戻る